テーマ:子どもたち

ひとり親家庭の貧困の解決を求める(相対的貧困率の発表を受けて)

ひとり親家庭の貧困の解決を求める(相対的貧困率の発表を受けて)                                2017年6月29日                                シングルマザー全国連絡協議会 しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現場から見た」子どもの貧困対策、・ひとり親世帯支援の観点から見る都知事候補者の施策

 都知事選の主要候補者の施策を、子どもの貧困対策、ひとり親世帯の施策の観点から比べてみました。 小池ゆり子さんの政策  都知事選2016政策 https://www.yuriko.or.jp/senkyo/seisaku/ ・ひとり親(家庭)、シングルマザーという単語は政策集にはない。(ないから配慮して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子イベントの猿島に下見に行きました

初めての猿島! 下見に行ってまいりました! 品川発7:58発の快特三崎口に乗車します。 8:41横須賀中央駅に到着。東口に出ます。ここが集合場所。 駅前から出発。20分歩いて、三笠公園の端にある三笠桟橋へ。 ルートはこちらを見ながら歩きました。 https://www.tryangle-web.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり親対策、各党の政策を見ます。

各党の政策を見ていきたいと思います。 ひとり親家庭の状況を改善したいと思われる方の参考になれば幸いです。 なお、見解は個人的な見解が含まれることをご承知おきください。 まず、自民党です。 【自民党】https://www.jimin.jp/policy/pamphlet/ 自民党:ひとり親家庭の貧困対策について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども食堂と自治体の子どもの貧困対策

子どもの貧困が大きな問題となっている。 子どもの6人に1人が相対的に貧困状態にあること。 ひとり親家庭の貧困率は50%を超えていること。 子どもの貧困は見えづらいものであること。 しかし、食に困るような深刻な貧困の子どもたち、親が忙しすぎてひとりでご飯を食べているような子どもたちがいること。 などが報道され、問題となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜこういう事件が起こるのでしょうか

立て続けにこういう事件が起こっています。 トートバッグ内に新生児 公園のトイレで出産か 27歳母親聴取へ 東京・新宿の公園 .  8日午前7時半ごろ、東京都新宿区大久保の戸山公園で、警備員から「女子トイレの個室内に血痕があり、近くのベンチで女性がうずくまっている」と110番通報があった。  警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの活動を振り返る

少し時間が経ってしまったけれど、夏休みの活動を振り返ってみます。 夏休み。 このすばらしい響き。 でもわたしにとってはなんだか苦い思い出もある。 学童に行かなくなった年齢の子どもが夏の暑い日の夕方、冷房のないアパートの一室で汗にまみれなかがら、根負けしてしまって買ったゲームを一日していたらしい、薄暗い部屋に帰ったとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノを差し上げるとき

子どもの貧困が社会問題として認知されつつある。 日本社会では、6人に一人の子どもが貧困であるという。 貧困といっても、目に見えるようなすぐわかる貧困であるわけではない。 身なりはきちんとしていても、家で家賃や光熱費を滞納しているかもしれない。 スーパーで安い服を買ったり、リサイクルショップで調達したりして、なんとか暮らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの貧困と母子家庭・父子家庭の支援について

 5月5日は子どもの日。さいきん、子どもの貧困問題が大きく新聞やメディアで取り上げられています。  子どもたちの6人に1人は貧困です。  また、ひとり親家庭は54.6%が貧困ライン以下で暮らしていると言われます。  問題は深刻です。そこで、シングルマザーの当事者団体として、こんなふうに考えるということを伝えたいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎市中1(殺害)事件を受け子どもの育ちを保障し居場所を広げる支援を求める声明

川崎市中1(殺害)事件を受け 子どもの育ちを保障し居場所を広げる支援を求める声明 2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太くんの刺殺遺体がみつかり、2月27日に同じ地域に住む少年たちが逮捕されました。 上村遼太くんのお母さんの「遼太が学校に行くよりも前に私が出勤しなければならず、また、遅い時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり親家庭の貧困率54.6% 子どもの貧困対策の施策強化を(声明)

本日、以下の声明を出しました。 ひとり親家庭の貧困率54.6% 子どもの貧困対策の施策強化を(声明)      2014年7月17日 シングルマザー全国連絡協議会 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シッター紹介サイトの事件を受け子育てを応援するためショートステイなどの多様な保育制度の改善を求める声

以下の声明を、しんぐるまざあず・ふぉーらむ連絡協議会名で出しました。 ご関心をもっていただければ幸いです。 シッター紹介サイトを通じて子どもを預けた母親の責任を問う声が根強いことか ら、社会的サービスの充実をこそ求めるという含意です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ シッター紹介サイトの事件を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山お泊り会無事に終わりました!!

総勢34人?のしんぐるまざあず・ふぉーらむの夏のお泊り会。 一日目は雷雨も心配されましたが、晴天が続きました。小さな子と親は、高尾山のケーブルに乗ったあと、猿山で遊び、楽しくお弁当。小学校中学年の子たちはケーブルに乗ったあと山頂まで歩き。そして残りの小学生中学生は、高尾山にふもとからのぼり降りてきました。野外活動を応援するオレンジフラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野外活動をするオレンジフラッグさんと打ち合わせ

ひとり親の子どもたちの野外活動を支援するオレンジフラッグさんと今後の協力関係を打ち合わせしました。オレンジフラッグさんはできたばかりの団体なのですが、4月にしんぐるまざあず・ふぉーらむの親子も参加して、BBQとピザつくりを。 すごい楽しかったという声がありました。 ひとり親の子どもたちはなかなか野外活動にも参加できにくいのでとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治体はみなし寡婦控除を!

現在東京都下各自治体に、みなし寡婦控除の陳情を出しております。23日、24日は、世田谷区議会でこの陳情が審議され、趣旨説明に、団体から行ってまいりました。 なんと、国への意見書か決議を出すほうは趣旨採択されたのですが、翌24日のみなし寡婦控除のほうは継続審議となってしまいました。 残念です。 寡婦控除が認められないと、同じ年収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度のLSCLUB

新年度のLSCLUB始まりました。 英語と数学をこどもたちが習っています。 受験のための子もいるし、学びなおしの子もいます。 自立のためにもがいているかな? という若者もいます。 倶進会からのご支援もいただけました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャングリラホテルのパテシエ迎え 子どもとお母さんのお菓子教室

シャングリラホテルのパティシエ迎え 子どもとお母さんのお菓子教室すてきなホテルで子どもとお菓子教室に参加しませんか? いつもお世話いただいているセカンドハーベストジャパンさんの企画です。 ぜひお申込みください。 シャングリ・ラ・ホテル東京 Council on International Education E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難ママ交流会&新年会、たくさん参加してくださいました

6日の避難ママ交流会、無事に終わりました。 広いフロアを二つ借り切って、交流コーナー、ハンドマッサージ、相談コーナー、手作りコーナーと、子どもたちのフロア。4時間もあっという間でした。 私のつくったオープンサンド(ブロッコリーとエビに有機マヨ)も大好評。お雑煮もおいしかったみたい。 楽しい時間でした。 ハンドマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾のお泊り会無事に終了

高尾のお泊り会、8月17日、18日、無事に行ってまいりました。 高尾登山は3コース。 ①しっかり登山 ②ケーブルのあと登山 ③ケーブルのあと猿園野草園でのんびり 別れたのですが、③のコースの小さな子たちの元気なこと。子どもたちはすぐに仲良くなって、走り回っていました。 子どもたちのいい顔をみるとこっちもうれしくなります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立川の事件

立川の母子餓死事件でコメントを求められたが、まとまった意見が出せなかった。 この親子がなぜ、ここまで孤立していたか、わからないからだ。 その後の続報で、立川市も動いている。 毎日新聞 24日の記事 立川・母子死亡:孤立家庭の情報共有へ体制づくり検討  東京都立川市のマンションの1室で死後2カ月程度経過した母親(45)と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子どもと共に未来を拓く―シングル・ペアレント・ファミリーのための講座 NWEC

こんなイベントがあります。 みなさん参加しませんか。 しんぐるまざあず・ふぉーらむもご協力させていただきます。  平成23年 NWEC男女共同参画プログラム特別企画 開催要項 「子どもと共に未来を拓く―シングル・ペアレント・ファミリーのための講座」  国立女性教育会館では、地域で活躍する人材育成のための研修事業を実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県外避難して東京にいる母子のために

8月26日は県外避難者のための夏祭りを九段坂上で行った。子ども連れ50人以上でにぎわい、子どもたちが楽しそうにビンゴをしている間、大人たちはほっとひといき。おしゃべりができた。 8月29日には東雲で、ほっとサロンを行います。 アロマもあり、おにぎりづくり。 夏は宮城、岩手をまわり女性支援、母子家庭の状況を見てきた。 疲れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島シングルマザーレスパイトデイズin富士見高原が終わる

福島のシングルマザー、県外避難のシングルマザー、子どもたち総勢50人の富士見高原でのレスパイトデイズが18日に修了した。オックスファムと、東洋大学の協力を得て、大変いい環境で過ごすことができた。子どもたちが多かったので、事故がないように、病気にならないように、など大変心配したが、子どもたちは元気元気!一日目は富士急ハイランドで、そして2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福島県内の二次避難所の温泉や相馬を訪ねる

20日は岳温泉、こけしの土湯温泉、秘湯の野地温泉などをまわり、2次避難所の 宿をまわりました。 岳温泉には1900人だかの人がいらっしゃるそうでした。 一つの温泉ホテルでは、洗濯機の前で外国人らしい女性が洗濯をしていたので下 着を差し上げ、お話しました。今考えるとタイの人かな?  また中で温泉から出てきたところの人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島シングルマザーズ・レスパイトデイズ終わりました

5月2日から4日まで、国立女性教育会館で開催した、福島シングルマザーズ・レスパイトデイズが無事に終了いたしました。 参加者は親子で20数人。 バスでヌエックに到着したときは、みなさん疲れた様子で、ほんとうに3日間楽しくすごしてもらえるのだろうかと正直心配でした。 しかし、ビューティフォースさんによるカットやヘアケア、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもへの支援は、震災後だからこそ必要です!

子どもへの支援は、震災後だからこそ必要です! こんな要請文をつくり、送ってます。 親を失った子、どうしても生まれ育った街を離れて暮らす子、親が失業した子、みんなに子ども手当は必要だーーーー。  子どもへの支援は、震災後だからこそ必要です! -子どもを政争の具にしないで-                 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

1万3000円、半年はなんとか

9日、国会への働きかけ、そして、院内集会を行いました。 以下、院内集会が見られます。がんばりました。 結果、少し良い方向へと動いています。 半年はこの金額で、子どもたちが中学生まで保証されそうです。 ************* 時事通信 3月9日 http://www.jiji.com/jc/c?g=po…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども手当でも児童手当でも名前はどちらでもいいから…

引き続き、子ども手当がなくなり、減額されて中学生には出なくなることへのシングルマザーや、その他の子育て世代の危機感を伝えます。もう名前はどうでもいいから継続して、という意見や財源を明確に!という意見や保険料値上げなども含めた意見などがあります。 +++++ 扶養控除がなくなったのに、子ども手当てもなくなるなんて! うちは未…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

子ども手当を減らさないで!

 子ども手当1万3000円が危ないという。法律が通らないと、前に児童手当に戻ってしまうらしい。びっくりしたシングルマザーたちの声をここにいれます。必死な思いで書いてくれています。なぜ、子ども手当をあげて、社会が子どもを支える仕組みをつくる、といったあとに、今度はやめます、となるのだろう…。超党派で子ども手当を守ってください。シングルマザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more