テーマ:母子家庭と事件

離婚後の子どもへの説明

相談会で話しているときにお父さんのことを子どもにどう話すのか?ということがテーマになることが多いのだが。 先日の稚内の事件やその後の事件のことで迷っている人も多いのだろうなあと思う。 一つは、子どもに話すときに、真実を語るというのが原則だと私は思う。 でもそれは子どもにわかる限りの真実だ。 だから、なんでも思っていることをぶ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

また母子家庭の事件。稚内で。

これは悪い方の事件だろう。 息子が母を殺した。母子家庭の母と子である。 驚き、そしてなんといっていいかわからない。 息子はなぜ母をころしたのだろう。 これは離婚したからなのか。 実行した友人も母子に育っているらしい。 なんともやりきれない事件である。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鳥取にいるIさんに会ってきた

4年前。倉敷の市営団地であった事件。 もう覚えている方も少ないだろう。 でも、私たちにはショックな事件だった。 お子さんが食べられずに亡くなり、お母さんも死ぬ寸前まで行って発見されたという事件だ。 Iさんには裁判の公判を傍聴に行ったきりだったので、どうしても会いにいかなくては、と今年時間を作った。 彼女とお墓参りをしてきた。子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田小学生殺害事件で思うこと(続き)

ワイドショー、週刊誌などでかなりの取り上げられている。 その後もわからないことだらけだが、自堕落、母親失格などの文字が並んでいる。 容疑者となった女性(実名を出す必要があるのか?)はがどうしてそこまでになったのかはいまだにわからないしそんなにかんたんにわかるものでもないだろう。 いくつか気になることがある… 生活保護を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田の事件について

こんなブログをやっているのに、秋田の事件について何も書かないでいるのはちょっと無責任じゃないの、と自分に言いながら、なんと書いていいかわからないうちに時間が経ってしまった。まだ何を書いていいかわからないのは同じ。 もちろん、秋田県でおきた小学生殺人事件の容疑者が母子家庭の母だったということだ。まだ容疑者の段階ではあるが、物証がつぎつぎ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

住民票を悪用して母子家庭の少女を強かんした男に懲役17年

母子家庭の少女乱暴の男に懲役17年  住民基本台帳を閲覧して探し出した母子家庭の民家に侵入し、留守番をしていた少女に乱暴したとして、強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの罪に問われた無職武藤誠被告(32)の判決公判で、名古屋地裁の伊東一広裁判長は2日、「計画的で、被害者の人格をないがしろにした卑劣で悪質な犯行」として、懲役17年(求刑懲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more