シングルマザーぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄でシングルマザーの会議 来年度の母子施策について

<<   作成日時 : 2012/06/15 12:42   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6月初めに行われた沖縄でのしんぐるまざあず・ふぉーらむ会議はとっても充実していました。いろいろお伝えしたいことがあるのですが、まず、来年度以降の母子福祉施策について心配がてんこもりなのでそれについてお伝えしたいと思います。

1、高等技能訓練促進費について

 みなさんの関心が高く、保育士や介護福祉士、看護師などの資格が取れるこの制度は本当にありがたい制度でした。3年間(2009年〜2011年?入学)は14万1000円(住民税非課税世帯)が3年間支給され、これで看護学校に通っている仲間のシングルマザーもたくさんいます。(課税世帯は7万500円)
 
 しかし、2012年度は、これが10万円に下げられました。理由は求職者支援制度があり、ここでも介護福祉士、保育士などの学校に通えるのですが、この制度とそろえるため、ということです。

 もともと、安心こども基金を積んで3年間支給していたものですから、本来の恒久財源は、後半の2分の1期間について支給というものでした。

 そこで、先月厚生労働省にうかがったときに、来年度の財源はかなり厳しいので、いっそ3年間ならして額を下げることも検討課題になるのではないかというようなお話をうかがったのでした。

 でもでも、それで本当にいいのでしょうか。額はどうなるのでしょうか。
 今年はちょっと入学できなかったけれど、来年こそ、と延期していた方はどうなるのでしょうか。
 私だって(子どもが18歳以下だったら)絶対使った制度だ!と思うととってもとっても残念です。
 みなさん、みなさん、本当にどう思われますか?


  みなさんの地域には求職者支援制度で、保育士や介護福祉士をとれる制度はありますか?

 またこの制度の別の使いかって、たとえば、入学金とか授業料は母子福祉貸付金を借りている方が多いと思うのですがそうなるとどうなるのか?保証人のところを改善してもらえないのか?などなどとておたくさんの要望があるのではないかと思います。

 みなさんの声をよせていただき、なんとかいい制度で来年も運用してほしいと思っております。

2、児童扶養手当制度について

 児童扶養手当制度は、父子家庭に支給される法改正のときに、3年後に改正となっていたわけです。

 

第六条 政府は、この法律の施行後三年を目途として、この法律の施行の状況、父又は母
と生計を同じくしていない児童が育成される家庭における父又は母の就業状況及び当該家庭の経済的な状況等を勘案し、当該家庭の生活の安定及び自立の促進並びに児童の福祉の増進を図る観点から、児童扶養手当制度を含め、当該家庭に対する支援施策の在り方について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。
 

 当然ながら、私たちとしては、5年間あるいは子どもが8歳になったときに、半額を限度に削減の条文、就労していないときには支給しないという怖ーい条文を改正してほしい!!なんたって、シングルマザーの貧困率は先進国でこんなに低いのに、半額限度に削減なんて言っている場合なんですか! と思っていたのですが

 なんか雲行きが怪しい!

 というわけでこれも議題になりました。


 今年も大変!

 みんなの声をお聞きしたいです。

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄でシングルマザーの会議 来年度の母子施策について シングルマザーぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる