シングルマザーぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新政権への要望です

<<   作成日時 : 2009/08/31 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

衆議院議員選挙の大勢が決まり、民主党が大幅に議席を増やして政権交代が決まりました。

これから、シングルマザーと子どもたちへの政策には明るい希望も見えてくるのではないかと思います。

しかし、安心してはいません。

子育て支援を重視していくとしているものの、貧困率の高いシングルマザーと子どもたちへ、本当に有効な施策が行われうように働きかけていきたいと思っています。

厚生労働省のみなさんも、すでに概算要求を出されたそうですが、新しい政権に沿って、新しい政策を打ち出してもらいたいと思っています。

新政権への要望の現段階でのものを入れます。





+++++++

新政権に望む母子家庭政策

 大不況のもと、雇用の悪化により困窮する母子世帯の状況はさらに過酷な状況に陥っている。その中でも就労と子育てを両立しようと努力する母子世帯の生活を支える制度と子どもの育ちを応援する制度が必要である。

1、児童扶養手当制度について
 5年間受給後の一部支給停止を取りやめ、5年間受給後の減額制度を廃止すること。父子世帯へも支給をすること。
 子ども手当を導入するときに、ひとり親に支給される児童扶養手当と併給可とすること。

2、生活保護制度について
 生活保護制度の母子加算を復活すること。水際作戦をやめること、自動車の保有を認めることなどの運用の改善への方策をとること。

3、就労支援について
 2003年度からの就労支援策についての実態の把握。母子就業自立支援センター、在宅就労支援事業などの評価。(単なる相談・就職件数とせずに雇用形態(正規・非正規)や賃金を明確にする)

4、自立支援を強調したこれまでの母子家庭等対策基本方針(http://www.mhlw.go.jp/topics/2004/02/tp0219-2.html2008年改訂)についての見直しを行うこと。雇用状況、経済状況、就労支援の現状などを踏まえて、母子家庭施策の基本方針を検討する検討会を開催すること。そこに当事者団体が正規メンバーとして参加することを保障すること。

そのほか、子ども支援・低所得世帯支援として
5、子どもの医療費の無償化 国民健康保険料を払えない世帯への配慮

6、教育について
高校授業料の無償化 給付奨学金制度、第1種無利子の奨学金氏江戸の充実

7、民間賃貸住宅に住む困窮世帯への住宅保障制度

8、保育について
 保育予算の国からの補助金を元に戻す 認可外保育園への援助


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に母子家庭にとって、明るい未来が開けるといいですね。私は、16歳の重度障害児と15歳高校1年の二人の子を11年間母子家庭で育ててきました。
長女は、年々障害が悪化し、現在は、在宅で私ひとりで介護しています。そのため就労できず、児童扶養手当の一部支給停止除外届に際しての介護が必要な理由??なる文章を市役所の障害福祉ケースワーカーに毎年書いていただいています。通院もしており、医師の意見書や診断書も出せ、通所できる施設もなく、例え空きがあっても本人の状態が通所できる体調でないため在宅で看ておりますのに「介護が必要な理由書」とは・・。
昨年この制度がスタートして2年間で3通同じ書類を提出しました。本当にため息です。
子供以外に私たちの世代は親の介護という問題もあり、
介護のために働くことがままならない人は、今後増える一方です。
児童扶養手当制度について
 「5年間受給後の一部支給停止を取りやめ、5年間受給後の減額制度を廃止すること。」
ぜひ政府に強くお願いしてください。
生活保護を受けずにがんばってきた、母子家庭にとって、児童扶養手当は、生活の柱です。



Anjela
2009/09/01 08:59
ノイジーマジョリティの勝利か・・・
真面目に働いて、真面目に税金を払っているのが馬鹿らしく感じる、働く気力が奪われてゆく。
本当に切実な、必要な項目だけなのででしょうか?

介護・一部の病気等の理由ある人は積極的に支援してあげたいが、金銭的理由の人は支給ではなく貸与として、子供の独立(18歳?)した後に働いて返還する奨学金の様な制度にならないのだろうか?
せめて、金銭的理由の人はレシート(領収書)貼付の家計簿(出納帳)提出義務とか出来ないのだろうか?
TVの特集で出ている人などは、お金がないと言って変な使い方してる人が多かったし・・・

「国を支えて国に頼らず」これが大原則。

まずは、低所得者の税制を改善した後に、本当に必要な、本当に困っている人の所に支援が行き渡って欲しい。
あかん
2009/09/01 18:55
あかんさんの考えに同意です。

ここからは私個人としての意見です。(一般的な母子家庭の方に対しての意見であり、病気等のやむをえない理由をお持ちの方は私の意見からは除外させていただきます。)

あなた方は医療費、高校の授業料等の「無償化」を望んでいるようですが、私から見るとただの母子家庭だということに対する甘えにしか見えません。
母子家庭だからと言ってそのサービスを受ける人の義務を免除してもらう理由にはならないと思うからです。
低所得の方々には国として、免除の政策を進めるのではなく税制を改めるといったことをしてほしい。支援が必要な場合でも無利子でもいいので貸す形にしていただきたい。
あかんさんの繰り返しになってしまいますが、一生懸命働いて税金を納め生活しているほうが馬鹿馬鹿しくなるような制度にだけはして欲しくないということです。

母子家庭だから雇用がないわけでもありませんしそれは日本の全国的な現象ですのでこれに母子家庭を絡ませることもよろしくないかと。
かといって子供を養っていくということは簡単なことではありません。当然お金が必要にもなりますので、これもあかんさんの仰っているように無償化ではなく将来返済していくお金として一時的な支援を求めていくべきかと思います。

私の知ってる人にも母子家庭の子がいますが、彼はそこらへんの一般家庭の子よりもずっといい生活をしていると聞きます。母親もパートをしていたりするようです。このような世帯にも無返済の支援金は出るのですかね。そこが少し疑問です。

多少きびしいお言葉になってしまったことをお詫びいたします。失礼します。
通りすがり
2009/09/06 12:44
今の日本経済の最大の問題は少子化です。
これが全ての産業なり国の社会保障にダメージを与えています。
それじゃあ、なんで子供が減るんだというと、
子供を作って育てることが経済的にも不利であり、老後の蓄えもできない、生活水準も相当下げないといけません。
そこらへん政府のもつ所得移転機能で子供を持つ世帯を多少の不公平に目をつぶって優遇してやるってのは、日本の将来にとって不可欠でしょうね。
税制をいじるとか、金を貸すとかそんなレベルでこの少子化問題が解決するとは思えません。
子供をつくることにインセンティブを与えないともう駄目なレベルです、今の日本は。
国内で子供が増えなければ、移民の導入は不可避でしょうね。
それはそれで大変な社会問題がおきますが、どっちを選ぶんだ?って問われれば日本人を増やす、これしかないと思います。
子は国の宝
2009/09/17 18:27
そうですね、子は国の宝さんが意見している様に
日本国の衰退が危ぐされている事が一番深刻であって
子供を育てやすい国、育てたい国にしていく為には
諸外国の様な(アメリカを除く)児童に対する
手当て、補助、医療費無料化など成熟した他の国
が当たり前に行っている事を即導入すべきであり、
他、上のコメントされている様な、母子家庭と
自分の家を天秤にかけ愚痴を言っている場合では
ないのでしょうか?
(時々この様な??変った意見をいう方がいて驚きます
このまま人口が減れば当然移民を受け入れていく様な
事になるでしょうし、その中には宗教、習慣、一夫多妻
で子供を多くつくる人々もいずれ増し、
そうすると、移民の人たちにも勿論生活する権利があり
膨大な援助金が必要になるでしょうね。
日本国民に為ではなく、のち日本を形成していく
移民の為に税金が使われていくでしょう。

どうしても日本は他、アジアの人達よりも
考えが内国的になるのは、自分の周りの生活
しか見えないのでしょうね。

世界には戦火から逃れ、祖国を捨てざるを得ず
必死に逃亡する人達がまだ後を絶ちません、
食べるだけの為に、家族を養うため体を
売る人も絶えません。

今や日本は、こちら欧州では自殺の国、
生活レベルが悪い、低いと耳に入ってきます。

みなさん、広い視野をもって自国を豊かに
成熟した国にして行きましょう。



国、国民全体の問題点だ
カエル
2009/09/27 09:03
私のまわりにも母子家庭はたくさんいます。でも見てる限り正直 うちよりも裕福なお子様が多いです。年に何度の旅行に飲みにエステにと....それぞれ使い方は自由ですが収入の少ない夫で地道に母親が働かなくてはならないのもまた母子家庭と状況は変わらないのではないでしょうか?
現実に大変苦労されてお子様を育ててる方には失礼な言い方ですみません。
国は母子家庭どうこうではなく低所得者 のくくりとして考えていただきたいと思います。そしてもっと介護や雇用に力をいれていかなければ今までとまったく変わらない気がします。
さっち
2009/10/23 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
新政権への要望です シングルマザーぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる