シングルマザーぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 反貧困世直しイッキ! 女性と貧困訴えました!

<<   作成日時 : 2008/10/20 23:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

19日、昨日は、反貧困世直しイッキ!集会というのに参加してパレードしました。すごーくビジュアルな横断幕とパペットをつくってくれたのはいちむらさん。すてきでしょう?女性の分科会ではたくさんの方が発言してくださいました。カラカサンのドナさん、京都のは反婚パレードをしたきりたさん、いろんな人が参加してくださいました。サウンドデモも楽しくて。雨宮処凛さんがシュプレヒコールで、シングルマザーの子どもたちが大ファンになってしまっていました。私たちは、住まい、社会保障の分科会に参加しました。
画像


そうだよね、だって、こんなに貧しいのは私たちのせいじゃない。一生懸命働いても、働いても、子どもに十分な教育も受けさせられないでいるのは私たちのせいじゃない、それは労働や社会保障や暮らしのシステムがあまりにも人間を大切にしていないからじゃないの?女性の労働を軽視しているからじゃないの?と改めて思いました。
集会は2000人が参加しました。

報道も相次いでいます。毎日新聞を紹介します。




「集会:「私は部品じゃない」 2000人が貧困問題訴え−−都
内で」@毎日jp
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081020ddm041040156000c.html

◇この暮らし、良くしたい
 ワーキングプア(働く貧困層)やシングルマザーなど現代の貧困
問題に取り組む「反貧困ネットワーク」(代表・宇都宮健児弁護
士)が19日、東京都新宿区の明治公園で「世直しイッキ大集会」
を開いた。解散風が強まる中、2000人(主催者調べ)が参加。
暮らしの窮状を訴え、「選挙では貧困問題を争点に」と声を合わせた。

 集会は、貧困問題を全国で訴え6000人余りが参加したキャラ
バンの仕上げとして企画された。住居問題の分科会では、山形県出
身の土田政彦さん(29)が発言。製造業派遣の仕事で上京した
が、10カ月で仕事がなくなり住む場所を失った。敷金、礼金なし
のアパートに越したが、家賃が遅れるたびに14回も鍵を替えられ
たという。「派遣労働で貧困に陥り、住居も仕事も不安定になっ
た」と語った。

 労働の分科会では、日雇い派遣の男性が「不安があっても、文句
を言えば『代わりはいくらでもいる』と干される。危険な仕事でも
1日7000円。私は部品ではない」と訴えた。

 女性と貧困の分科会では、シングルマザーの桐田史恵さん(3
0)が「母子家庭だからとアパートを貸してもらえない。友人と部
屋をシェアしたら、児童扶養手当の申請時に『養ってもらってるん
じゃないか』と根掘り葉掘り聞かれた」と明かした。

 集会では「貧困を直視し、それに向けて政策を総動員する政治を
求める」との宣言を採択。選挙に向けて走り出した政党や候補予定
者にアピールした。【東海林智、市川明代】

毎日新聞 2008年10月20日 東京朝刊

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
反貧困世直しイッキ! 女性と貧困訴えました! シングルマザーぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる