シングルマザーぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤ちゃんポストに3歳の幼児が…お父さんが連れてきた

<<   作成日時 : 2007/05/16 00:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと想定外のことだったので、びっくりしました。

赤ちゃんポストに想定外の3歳児
父親と来たと話す
運用初日の10日に
 親が養育できない生後まもない乳児を匿名で託す熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)の「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」に、運用初日の今月10日、3歳とみられる男児が預けられていたことが15日、わかった。

 男児は、父親に連れて来られて赤ちゃんポストに入れられたと話しているという。熊本県警は保護責任者遺棄罪に当たるかどうか調べている。想定していた「赤ちゃん」ではなかったことで、「養育放棄を助長しかねない」との声が強まりそうだ。

 関係者によると、男児が預けられたのは、運用を開始した10日正午の2、3時間後らしい。男児は名前を名乗り、3歳と話している。話の内容から、熊本県外から連れて来られたとみられる。健康状態は良好で、身元を示すものはないという。県警は男児の身元を特定したうえで、保護者から事情を聞く方針。

 蓮田太二副院長は「医療人としてコメントできない」との談話を発表した。赤ちゃんポスト設置を許可した熊本市も「児童福祉法や市情報公開条例に基づき、子どもの人権を守る立場にある」として「コメントできない」と話している。

 「赤ちゃんポスト」については「失われる命を救う試み」と容認の声がある一方で、「養育放棄を助長する」との反対意見も根強い。このため、病院は「預ける前に、まず悩みを相談してほしい」と呼びかけていた。

 赤ちゃんポストは病院1階の新生児相談室に設けられている。壁に扉(縦50センチ、横60センチ)があり、外側から扉を開け、室内の保育器に子どもを入れる仕組み。扉が開くとナースステーションのブザーが鳴り、相談室の監視カメラが保育器を映し出し、助産師や医師が駆けつける。

 病院側は警察や市、児童相談所に連絡する。託された乳児は乳児院へ移され、原則2歳まで育てられる。その後は児童養護施設に収容される。

(2007年5月15日 読売新聞)



 私も東京新聞などから赤ちゃんポストについてコメントを求められたことがあり、
子どもを育ちあげるための支援を充実することが大切、特に婚外子やシングルマザーが子どもを育てられるようにならない限り、赤ちゃんポストだけつくるのは、何か納得がいかない…というようなことを答えた覚えがあるのですが。

 実際に相談もシングルマザーの人や既婚の人から来ていると聞いていました。
 そして否定論も「母親が育児放棄をするのはけしからん」といった論調だったと思います。
 (ね、安倍ちゃん)

 でも現実って予想を超えるのですね。

 母が育児に悩んだのではなく、父親が子どもを連れてきたのですね。

 で、いろいろなことが考えられるのですが…どうしても母はどうしたのだろう、と思ったりするのではないでしょうか。ここは母親が連れてきた場合にはそういう問いは少ないでしょう。
 母は、いないのでしょうかね。死別なのか、離婚なのか、別居なのかはわかりません。
 で、父親は育てられないとずっと思っていて、それで、運用初日に子どもをつれてきたのです。
 きっともう随分前からつれていこうと思っていたのでしょうね。

 で、だから子どもを育ちあげる為の支援はシングルマザーにもシングルファーザーにも、そしてさらにどんな家庭でもほしい…ということがわかりました。
 求められていることは、そういうことです。
 児童扶養手当も、父子家庭にも出してくださいね。

 なんで児童相談所に行かないのか、とか言われていましたが…児童相談所に相談に行くのがハードルが高かったのかもしれない、と思いました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤ちゃんポストに3歳の幼児が…お父さんが連れてきた シングルマザーぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる