シングルマザーぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもに離婚と再婚をつたえる本

<<   作成日時 : 2006/07/08 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

離婚や再婚って子どもたちにどう伝えるか。
親は生活のさまざまな困難に直面しているから、余裕がない。
でも子どもは、わけもわからず巻き込まれるわけだから、ていねいな説明がほしい。
最近、出たこの本はけっこうよかった。

☆ステップキンと7つの家族 [再婚と子どもをめぐる物語]
ペギー・ランプキン 著 中川雅子 訳  永田智子 絵
http://www.tarojiro.co.jp/
 サディーのパパは出ていってしまったのに、ママは止めなかった。そしてサディーがおいのりしているのに、パパは戻ってきてくれない。それどころか、ママには新しい恋人までできて、結婚することになった。サディーはどうしていいかわからない。落ち込んでいたときに、小さな人に出会う。
 草むらで出会ったステップキンは、話を聞いてくれて、ママがパパと別の人と結婚するからって、ママのあなたを好きっていう気持ちは減らないよ、と教える…。
両親の離婚や再婚という経験をする子どもたちに大人たちはどのようなサポートをすべきなのだろうか。
 本書は子どもたちがパパとママの離婚や恋人の出現を受け止められずにいるところに、ステップキンという小さな人が登場し、子どもたちの本音や、ほんとうの気持ちを聞いてくれる物語。
 子どもたちに読んで聞かせることもでき、また大人たちへのガイドもついている。
 子どもがどんな状態なのかを解説してくれるページがある。
 子どもたちはもう一度両親が和解してくれるのではないかという幻想を持っている。悲しいことにそれはもうない。
 それなのに、母親が再婚すればそうした希望は打ち砕かれてしまう。だから仕返ししたりしようとする。
 それに新しい再婚相手がきたら、前の別れたパパにとってももうしわけないという気持ちにもなる。
 ちょっとマニュアルっぽいけれど、でも大切な情報が入っている本だと思った。
 こういう本を参考にして、子どもの傷を最小限にしていきたいね。
 さいきん、この太郎次郎社からは離婚関連本が何冊か出ている。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもに離婚と再婚をつたえる本 シングルマザーぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる